2016年01月20日

シンポジウム「財務省提言、要介護2以下の軽度者に対する案を考える」

日時:2016年2月17日(水)
   13:30〜開会    
   13:35〜基調講演 服部万里子氏
          「地域包括ケアと次の制度報酬改定の動向」
   14:40〜シンポジウム
    〜16:00閉会
場所:兵庫県民会館けんみんホール(9階)
次期介護保険制度の改正が財務省主導で進められています。

財源不足を理由に要介護2以下を軽度者とし、福祉用具貸与サービスや訪問介護サービスの生活援助を全額自己負担、全ての介護区分でサービス利用の自己負担額を現行の1割から2割に引き上げられるという内容です。

この案が成立すると、ご利用者は経済的負担が増えるのみならず、サービスの利用を我慢し、ADLやQOLの悪化を招くかもしれません。

介護保険制度創設時の理念をどのようにすれば継続していけるのか、考えるきっかけになるシンポジウムにしたいと考えております。

介護保険制度創設時の理念
「介護を必要とする状態となってもできる限り自立した日常生活を営み、人生の最後まで人間としての尊厳を全うできるよう、介護を必要とする人を社会全体で支える仕組み」


posted by 神戸市SSJ連絡会事務局 at 18:00| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

会員限定研修会「裁判にならないための記録の分析手法」のご案内

事故が発生した時の対応を日頃から対策していることでリスクを軽減できると考えられます。今回はびわこ学院大学の烏野教授をお招きし、「裁判にならないための記録の分析手法」の研修会を実施します。
今回は会員限定の研修会となりますのでご了承ください。(入会のお申込みをいただきますと会員扱いとして受講していただくことが可能です。)
皆様のご参加をお待ちしております。【河】

記録の書き方研修131115.pdf
posted by 神戸市SSJ連絡会事務局 at 10:42| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

「通所介護サービスにおける『サービスとリハビリの考え方』」は予定通り開催します!

本日開催のセミナー「通所介護サービスにおける『サービスとリハビリの考え方』」は予定通り開催します!

講演  通所介護サービスにおける『サービスとリハビリの考え方』
講師  夢のみずうみ村 代表取締役 藤原 茂 氏
日程  2013年10月26日(土)10:00〜11:45
場所  神戸市教育会館 大ホール 6F
     神戸市中央区中山手通4-10-5

お待ちしております。
posted by 神戸市SSJ連絡会事務局 at 08:10| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

セミナー「通所介護サービスにおける『サービスとリハビリの考え方』」悪天候への対応について

台風27号の接近にともない講演会の中止の可能性もございます。
講演会の開催又は中止についてはこの「活動記録」のブログにアップしますので、当日こちらをご確認いただきますようよろしくお願いいたします。
posted by 神戸市SSJ連絡会事務局 at 10:19| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セミナー「通所介護サービスにおける『サービスとリハビリの考え方』」を開催します。

昨今 通所介護サービスにおける【自立支援】【リハビリ】は重要なキーワードです。画期的なとりくみで注目を集め続けている『夢のみずうみ村』代表取締役 藤原 茂氏を講師にお迎えし今後のデイサービスの在り方を一緒に考えましょう。
管理者はもちろん、相談員や介護職員の方、経営者の方までふるってご参加ください。
※今回は会員限定のセミナーとなっておりますので悪しからずご了承ください。

講演  通所介護サービスにおける『サービスとリハビリの考え方』
講師  夢のみずうみ村 代表取締役 藤原 茂 氏
日程 2013年10月26日(土)10:00〜11:45
場所 神戸市教育会館 大ホール 6F
    神戸市中央区中山手通4-10-5
★お申込みは 電話:078-945-6500 通所介護分科会事務局 担当 大西迄
posted by 神戸市SSJ連絡会事務局 at 10:11| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

「多様化する高齢者の住まいに関する研修会」開催

s-s-P1120546.jpg
最近、高齢者を取り巻く住まいの状況は多様化し、これまでの介護保険三施設に加え、有料老人ホームや高齢者専用賃貸住宅などさまざまな施設が建てられ、また、その中にも多様な種類が建ってきました。医療機関などのソーシャルワーカーやケアマネジャーなど高齢者の相談を受ける担当者がその違いについて明確に判らないとの訴えを聞くことが多くなりました。神戸市シルバーサービス事業者連絡会は、加盟事業所の中に有料老人ホームやグループホーム等多様な事業者が加盟しているため、その特徴を生かし、相談業務を担当する方々の声に答えることが出来たらと研修会を企画しました。

当日は、基調講演として、(社)コミュニティネットワーク協会 高齢者住宅情報センターの米沢なな子先生にお話いただき、第二部においては、米沢なな子先生を座長として、当連絡会加盟の四施設の担当者の方々−アクティブライフ神所長 石井早苗氏、エリーネス須磨 看護課課長 加茂田ちどり氏、エレガーノ甲南 担当課長 上田正太氏、フォレスト垂水 お客様相談室室長 須加田智恵子氏 にそれぞれの施設・ホームの特徴、入居一時金等高額な理由、ターミナルケア・看取りについて、苦情とその対応等についてお話いただきました。参加されました方は約130名でした。
posted by 神戸市SSJ連絡会事務局 at 00:00| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする